じゃが芋を使いたいとき、それは主に『夏バテが回復しない…』時!

高温多湿の日本の夏は、体の中に余計な『湿』をため込みやすい季節です。消化吸収を司る脾は、この湿と呼ばれる、べたっとしたような水分をとても嫌います。 

夏場に食欲が落ちて痩せてしまう、夏バテになりやすい、疲れがなかなか取れない、といった方は

脾のエネルギーが消耗して不足してしまっていることが大いに考えられます。

さらに暑くて食欲もないことから、冷たい物で食事を済ませてしまうと、体の内部が冷えてしまって脾の働きも低下→消化力が下がる→食欲がなくなる→元気がなくなる…

もう負のスパイラルから抜け出せなくなりそうです(悲…)

そこでおすすめしたいものが『じゃが芋』です。

≪じゃが芋の効能≫

・胃の機能を調整する⇒弱った消化器官を正常に。

・気を補う⇒気=エネルギー。気を補うことで全身の元気を取り戻します。

・脾の働きを助ける→弱くなった消化吸収の力を強くします。

そう、じゃが芋は胃腸に負担をかけずに、元気を取り戻す食材として使っていただきたい!

元気を出してあげたいときに『焼き肉食べよう!』『にんにくだぁ!』となる気持ちもわかりますが、弱ってしまったときにこんな感じで食べてしまうと、

食べ物のパワーにカラダがついていけません…

まずは優しいものを食べて消化力を正常な状態に回復させてから、

肉!に走ってください。

元気がないというのは、気が足りていない状態

気が足りていないと熱を作れない、それは体の冷えを引き起こします。

やっぱり温かいスープにしてお腹の中から温めて、ゆっくり休んでください♡

スープ一つとっても、体調によっておススメの食材は変わってきます。この夏の参考になれば嬉しいです。