先日、息子の部活の応援に行っていた時のこと。
冷房もなく、窓も閉めきり、蒸し風呂のような体育館で終日過ごしていました。

試合をしていた本人たちはもちろん、応援の保護者達も試合をしてきたかのように汗をかいた一日。夕飯の支度なんて元気はどこにも残っていません。

こんなときは、スーパーでお惣菜でを調達することは もちろんありますが、

【なんとなくお腹を満たすだけ】のものになりがちです。

だから、せめて副菜だけでも!(でも手間暇かけるパワーなし)ということで以下4品を用意しました。

・ゴーヤのお浸し(スライスしてさっと茹でポン酢で和え鰹節をたっぷりのせる)  
・やまいものすりおろし ・枝豆
・海藻サラダ(ワカメと糸寒天をポン酢&ごま油のドレッシングで。大葉を刻んでのせる)

茹でるだけ、和えるだけですが、これでも力尽きそうな脳を頑張って働かせた薬膳的な効能を考えた副菜!(おつまみ?)

効能はこんな感じです。

☆ゴーヤ:汗を大量にかいたり、暑さで体力を消耗して元気がない時に、体の熱を冷ます作用で調整をします。

☆やまいも:元気回復食材。汗で消耗した体の水分などを補います。体の疲労がピークの時は消化力も弱まってしまうので、消化促進のやまいもは◎。

☆枝豆:消化吸収の働きを助け滋養をつける働きがあります。水分代謝を高めて余計な水分を取り除くので、むくみにもOK。枝豆といえばビール。ビールは体に余計な水をためやすいのでビール&枝豆コンビで罪悪感なく飲めます。

☆海藻サラダ:。海藻類は体の熱を冷ます作用があります。夏場に尿量が減ったり、むくみがでたりすることはありませんか?それは体の水分代謝が上手くいっていないサインかもしれません。そんな時には海藻類がお役立ち食材ですが、体を冷やす作用があるので、大葉の温める作用で冷やし過ぎを防ぎました。ドレッシングに七味や山椒を加えるのもおススメです。

そしてビールを美味しくいただいて 長~い一日が終わりました。

疲れた時こそ、なにか一品でも効果的なもの食べることで、回復も早くなるような気がします。

手間ひまかけてない薬膳。手抜きだけど心は込めてます♡