季節の移り変わりは早いものです。そろそろ梅雨に向けた準備をしておきたいものです。

湿気の多い季節、天気の悪い日などは特にむくみが気になったり、体がだるくなりませんか?

 

ちょっと昔に毎日水を2リットル飲む!なんてダイエットというか健康法が広がったことがありましたが、まんまと水毒になった…という方もいらっしゃいました。

水分をきちんと摂ることは、生きる上でもちろん大事なことですが、その2リットルが『あなたに合った量なのか』という事ですよね…。

 

例えば、水はけの悪い土壌に水を与え続けたらどうなるか。

そこに育つ植物の成長に必要のない水は、健全な成長を妨げたり、根を腐らせたりしますよね。

人間に置き換えて考えてみてください。

水はけの良いカラダでは、必要な臓器や部位が水分を上手に吸収し、不要なものは排出する。循環するから質の良い水分でカラダが満たされます。

しかし、水はけの悪いカラダは、余計な水を溜め込んでしまいます。水はけが悪い=巡りが悪いので、冷えやすい…

冷え性でむくみが気になるんです、という方は水分代謝が苦手なのだと考えられます。

 

あ、私、水はけ悪そう(T_T)…と思ったあなた。 大丈夫です!

苦手なら解消すべく対策を取って、体質の偏りを整えていけばいいんですから☆

【そら豆のフリット】

(写真がそら豆そのまんまで失礼します…)

そら豆:胃腸の働きを高め、余計な水分を排出してくれます。むくみを取るにはもってこい。気を補うので元気がない時にいいですね。

豆類は消化しにくいため、消化を促進する山芋や大根、里芋、ネギなどを一緒に摂るとさらに良いです

ということで、フリットの衣を通常 小麦粉+水 のところを、すりおろした山芋で代用すると一石二鳥の小鉢となります

衣に粉チーズをいれたり、プレーンのものをカレー塩でいただくのもいいですね

 

豆類は水分代謝を助けるもの、余計な水分を排出してむくみをとる、解毒作用や利尿作用があるものが多いので、

水太りといわれるような むくみの気になる方はマメに摂ってみてください。

食べ物での体質の変化は劇的ではありませんが、皆さんが去年の梅雨よりちょっと調子が良いと感じられたら嬉しいです。

 

※むくみには、下半身のストレッチ&足裏→ふくらはぎ→ひざ裏→太もも→足の付け根の順番でのマッサージも必須です!

インナーバランスストレッチ レッスンでも取り入れてます♡

 

 

 

『さやがかさばる割には豆2~3個しか入ってないっちゃんねぇ…』とボヤきながらの作業。

そら豆はさやから出すと痛みやすくなるので、購入する際はさや付きを買って、調理直前にむいてくださいね♪

 

気候や環境の変化に対応できるカラダを作るために、 次の季節に向けての準備を始めていきましょう!